住まいづくりでこだわりたいこと

住まいには窓がつきものだけど、窓には雨戸をつけたほうがいろんな意味で安全性を高められるということ。

住まいづくりでこだわりたいこと

住まいの窓には雨戸がほしい

人が住む住まいには窓がどこかにあります。そしてその窓からは太陽の光が差し込んでくるので昼間は照明を使わなくても生活できます。また太陽の熱も差し込むので晴れた冬場の昼間は暖房をさほど使わなくても済むのです。そんな太陽の光の恩恵を受けることのできる住居の窓ですが、他にはそれを開けることで通気をよくしたり換気をよくしたりする機能も備えています。しかしながら窓は明かりや熱を受け取ったり換気をよくしたりする効果もある反面、その素材はガラスでできているのである意味脆弱な一面も持ち合わせています。まずその脆弱な一面の1つは割れやすいということであります。これについてはガラスを複層にしてその間にやぶれにくいフィルムを挟むことで防犯対策を強化したガラスも登場しています。もう1つの脆弱な一面としたらそれは真夏の場合は直射日光が強すぎて室内に輻射熱を入れすぎてしまうということであります。逆に真冬の夜間などは窓を閉めていても寒気がガラスを介して忍び込んでくるという点であります。これについてはやはり複層ガラスにしたり二重窓にすることで直接的な暑さや寒さを緩和したりすることができます。しかしながらそれ以前にあることをしていればさらに脆弱な一面を助けることができるのになと思って最近の住宅を眺めていることがあります。

その脆弱な一面を回避できる可能性があるのになと思いながら最近の住まいの窓を見ていて思うこととしては、それはすべての窓に雨戸がついていないということであります。昔の住宅の窓にはすべてとはいいませんが、確かに多くの窓には雨戸がついていました。それがあるために夜間はそれを閉めることでガラスを割られにくくできて防犯対策としての効果があったし、真冬の夜間はそれを閉めることで実質2重窓代わりになって冷気対策にもある程度はつながったのです。さらに真夏はそれを窓が開かない半分だけ締め切るとかなど適当な範囲で閉めることで直射日光を遮って輻射熱対策にも貢献しています。しかしながら最近の住宅は窓ガラスそのものは確かに複層ガラスになっていて防犯対策や暑さ寒さ対策は単層ガラスよりもできているのでしょうが、しかしながらそれがない家が多いためにせっかくの複層ガラスの効果を最大限に発揮できる可能性をつぶしてしまっています。複層ガラスだけだと真夏の直射日光は完全に防げません。実際にそこにいたらよくわかると思います。もし雨戸があればもっと大きな効果を出せることを思えば残念にほかなりません。だから防犯対策や直射日光や冷気対策に貢献するならば複層ガラスにプラスして雨戸もつけないとならないのであります。